大崎市古川「パスパティ」に行ってみた

学生時代よくしてくれた教授がインドを中心とするアジアの研究の分野に携わる方で、インドやネパールの料理をよく教えてくれたり、食べさせてくれた。

教授は手作りのチャイを振舞ってくれたり、インドに出張に行くと香辛料がふんだんに使われたチョコレートをくれた。ちなみに大学は国際関係の学科にいたため、友達と異国料理レストランに積極的に興味をもったり、インド人やネパール人と一緒にカレーを食べるなど、なんとなく面白いことをしていた。

…ということで、こういう「本場の方がやってるお店」というのにそれほど抵抗がない。特に学生時代は多賀城の「ガネーシャ」さんにお世話になっていたし。ただここら辺の人は老人も多いし、受け入れられるだろうか?と思っていたがなんのなんの、結構入ってました。てへ。

ということで、旦那と突撃。ドアを開けると笑顔の素敵な店員さん。ちょっとカタコト。日本にきて間もないのかな?まあ、意思疎通が取れなくなったら英語喋ればいいか…旅行で困らないくらいはいけるし…

と思ったらやはり他のお客さん、何回か聞き返してる人がいるw メニューもありがたいことにカレーも・辛さも・飲み物も・ナンも・ご飯も複数選び放題のような感じで、こりゃ〜店員さんの説明も複雑で大変だ。

そしてこのメニュー、何より日本語より英語の方が親切に説明書きがある。

これがメニュー

日本語では「カレー2種」とだけあり、選べるのか日替わりなのかわからなかったが、下の英語をみたら ”choice two curry”とあるので、裏面のカレー一覧から選んでいいことがわかる。

特に他の客が迷っていた「辛さ」は英語でみた方がなんとなく辛さが伝わりやすい気がした。ちなみに中辛はインドカレーだからとんでもなく辛い!ってことではなく、日本の市販カレーの中辛と辛口の中間くらいの辛さと表現した方がいいかもしれない。

結局バタープラウンにしました。プラウンはエビです。よく聞くバターチキンのエビ版w

ナンがほんのり甘くてハフハフふわふわ、それでも食感もしっかりしてて美味しい。カレーも適度な量でスパイスも香りも好きでした。もちろん大変美味しい!

ソフトドリンクでマンゴーラッシーは当たりのうまさ。飲み物もサラダもついてお代わり無料、これで1000円しないのはびっくり。

あと少し気になった点。厨房の奥の方に、何かが祀られている?

シルバニアファミリーのお家みたいなの、奥に見えません?5時〜6時くらいに行った時、笑顔の素敵な店員さんが火を灯していた気がする。

これは日本でいう「神棚」??これ、誰か知らないだろうか。こういう宗教的なものは少し興味が惹かれる。

笑顔の素敵な店員さん、他の客との会話でネパール出身だということがわかった。いや〜こんな異国の田舎で、大変だろうな〜と思いながら「ごちそうさまでした、美味しかったです!」と頭を下げて帰ってきた。